競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > デイリー杯2歳ステークス(GII)

デイリー杯2歳ステークス(GII)

デイリー杯2歳Sは、1966年に3歳(現2歳)限定の馬齢重量の重賞競争として、「デイリー杯3歳ステークス」のレース名で創設されました。創設当初は、現在と同じように、京都競馬場の芝1600mで行われていましたが、翌年の1967年に阪神競馬場の芝1400mに変更になりました。1974年には芝1200mに変更され、1978年には京都競馬場の芝1400mに変更されました。そして1997年に現在と同じ芝1600mに戻されています。出走資格は、1989年に外国産馬に、1995年に地方馬に、2010年には外国馬に開放されています。レース名は、2001年に馬齢表示が国際基準に変更されたことに伴って、現在の「デイリー杯2歳S」に変更されています。

このデイリー杯2歳Sは、10月という開催時期と芝1600mのG2というから、阪神ジュベナイルフィリーズと、朝日杯フューチャリティステークスという2歳G1の、関西圏での前哨戦として見られていましたが、1996年にファンタジーステークスが創設されてからは、阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦は、ファンタジーステークスに移りつつあります。しかし、夏の重賞競争で活躍した馬だけでなく、秋にデビューし、勝ち上がってきた馬も出走することから、いまだに高いレベルで争われています。過去にこのレースを勝ち、同年の阪神ジュベナイルフィリーズや朝日杯フューチャリティステークス(それぞれの前身の阪神3歳Sを含む)を勝った馬は、1969年のタニノムーティエ、1972年のキショウローレル、1973年のキタノカチドキ、1977年のバンブトンコート、1979年のラフオンテース、1980年のサニーシプレー、1981年のリードエーティ、1983年のロングハヤブサ、1991年のニシノフラワー、2010年のレーヴディソールがいます。さらにデイリー杯2歳Sを勝てないまでも好走した馬で、阪神ジュベナイルフィリーズや朝日杯フューチャリティステークスを勝った馬もいますので、12月のG1に向けて重要な一戦であることに変わりはありません。

2012年のデイリー杯2歳Sは、函館2歳Sの勝ち馬ストークアンドレイや、同2着のコスモシルバード、新潟2歳Sの勝ち馬ザラストロ、同2着のノウレッジ、札幌2歳Sの勝ち馬コディーノ、同2着のラウンドワールド、小倉2歳Sの勝ち馬マイネルエテルネル、同2着のクラウンレガーロなどの実績馬や、8月や9月にデビューして上り調子の馬などの中で、最初に2歳チャンピオンに名乗りをあげるのは、どの馬なのかということが、最大の見どころになるでしょう。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら