競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > ダイヤモンドステークス(GIII)

ダイヤモンドステークス(GIII)

ダイヤモンドSは、1951年に5歳(現4歳)以上の別定戦の重賞競争として創設されました。創設当初は、中山競馬場の芝2600mで行われていました。1952年にハンデキャップ戦に変更になり、1965年には芝3200mに変更されました。1981年以降、開催場所がころころと変わっていて、1981年に東京競馬場に移設、1984年に再び中山競馬場に戻り、1987年に再度、東京競馬場に移設されました。その後、2004年に現在の芝3400mに変更され、それ以降は固定されています。出走資格は、1992年に外国産馬に開放され、2006年には外国馬に開放されています。開催時期は、創設当初は4月初旬だったのですが、その後、何度か変更され、1997年からは2月中旬に固定されています。

ダイヤモンドSは、開催時期と3400mという距離から、阪神大賞典の前哨戦として使用されたり、天皇賞(春)に繋がるレースとしての位置づけですが、ハンデキャップ戦の為、実績馬は、ダイヤモンドSを使わず、直接、阪神大賞典や大阪杯に向かうことが多くなっています。しかし、東京競馬場の平地競争としては最長で、中央競馬全体の平地競走を見ても、ステイヤーズSの次に長い距離の重賞競争ということもあり、まだ実績はないけれど、長距離に向いていて、力はあり、天皇賞(春)を狙っているような馬が多く出走してきます。しかし、過去の実績を見てみると、1989年の勝ち馬であるスルーオダイナが、同年の天皇賞(春)で3着、2007年の勝ち馬であるトウカイトリックが、同年の天皇賞(春)で3着になったりしていますが、ダイヤモンドSを勝って、天皇賞(春)で好走した例は多くはありません。とは言っても、このダイヤモンドSを勝つには、スタミナと折り合いの上手さが必要であり、勝ち馬が長距離路線での有力馬になる可能性は十分にあります。

2012年のダイヤモンドSでは、菊花賞馬でジャパンCで2着の実績もあるオウケンブルースリが、トップハンデの58.5kgを跳ね返して勝てるかどうかということや、7戦連続で複勝圏内のギュスターヴクライや、日経新春杯で2番人気に推されながら、5着に沈んだスマートロビンがどう戦うのか、8歳で前年のステイヤーズSを勝ち、9歳となったマイネルキッツが、オウケンブルースリと同じトップハンデの58.5kgを背負って、どこまでやれるのかなど、見どころが満載でした。結果は15番人気のケイアイドウソジンが勝ち、単勝万馬券で、大荒れになりましたが、このようなことが起こりうるのも、見どころのひとつと言えるでしょう。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら