競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > セントライト記念(GII)

セントライト記念(GII)

セントライト記念は、日本競馬史上初の三冠馬となったセントライトを記念するレースとして、1947年に4歳(現3歳)の牡馬限定で、別定の重賞競争として創設されました。創設当初は、東京競馬場の芝2400mで行われていて、時期も菊花賞と同時期か後に開催されていてトライアルレースにはなっていませんでした。その後、1957年に中山競馬場の2400mに変更となり、1974年には東京競馬場の芝2400mに戻り、1980年に現在と同じ中山競馬場の芝2200mに変更になりました。出走資格は、1951年に牝馬に開放され、1995年には地方馬に、2001年には外国産馬に開放されました。格付けについては、1984年のグレード制導入によってG3に格付けされ、1987年にG2に格上げになっています。菊花賞のトライアルレースとなったのは、1995年からで、3着までの馬に優先出走権が与えられます。

セントライト記念は、関東圏唯一の菊花賞トライアルレースですが、菊花賞が3000mであるのに対して、セントライト記念は2200mであることから、直接結びつきにくい傾向にあり、セントライト記念の勝ち馬で菊花賞を制したのは、シンボリルドルフのみとなっています。ただし、1992年には2着だったライスシャワーが、2001年には4着だったマンハッタンカフェが、菊花賞を制していて、全く結びつかないとも言えません。また、1992年の勝ち馬レガシーワールドは、その後、ジャパンCを勝っており、2004年の勝ち馬であるコスモバルクは、シンガポールのG1であるエアラインズCを、2009年の勝ち馬であるナカヤマフェスタは、宝塚記念を勝っていますので、将来、中距離で活躍する馬も出てきているレースになっています。

2012年のセントライト記念は、青葉賞を勝ち、ダービーで勝ち馬のディープブリランテとタイム差なしの2着だったフェノーメノ、京成杯で勝ちながら、体調が整わず、皐月賞とダービーを回避したベストディール、前走の1000万下をコースレコードで勝ち上がってきたニューダイナスティ、2連勝で上り調子のラニカイツヨシ、2歳時にはクラシック候補と言われながら、皐月賞で11着に沈み、反撃を狙うアーデント、地方からJRAへ移籍してきたサントレーザー、デビューが遅く、3戦2勝で上がってきたダノンジェラートなど、実績馬がいない分だけ、混戦模様となっていて、そこから抜け出し、菊花賞を狙う馬がどのようなレースを見せるのかが、見どころになっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら