競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > スプリングS(GII)

スプリングステークス(GII)

スプリングSは、1952年に4歳(現3歳)限定の別定戦の重賞競争として、「スプリングステークス」のレース名で創設されました。創設当初は、東京競馬場の芝1800mで行われていましたが、1955年に芝1600mに変更され、1958年には、中山競馬場の芝1700mの定量戦に変更されました。さらに、1960年には芝1800mに戻され、1984年にG2に格付けされました。また、2003年に馬齢重量に変更され、現在に至っています。出走資格は、1995年に地方馬に、2002年に外国産馬に、2010年に外国馬に開放されています。

 

このスプリングSは、1958年以降、皐月賞トライアルレースに指定されていて、皐月賞トライアルレースの中では、一番歴史があるレースであり、さらに、スプリングSの勝ち馬は皐月賞で好走することも多い為、皐月賞の重要な前哨戦として見られています。スプリングSを勝って、皐月賞を勝った馬としては、1960年のコダマ、1963年のメイズイ、1964年のシンザン、1968年のマーチス、1969年のワイルドモア、1970年のタニノムーティエ、1973年のハイセイコー、1974年のキタノカチドキ、1985年のミホシンザン、1992年のミホノブルボン、1994年のナリタブライアン、2003年のネオユニヴァース、2006年のメイショウサムソン、2009年のアンライバルド、2011年のオルフェーヴルがいます。さらに、スプリングSでは勝てなかったものの、皐月賞を勝った馬も含めると、過去に23頭いて、ダービー・桜花賞・オークス・NHKマイルCのどれかを制した馬も11頭います。このように、スプリングSは、皐月賞の重要な前哨戦というだけでなく、3歳G1にとっての重要なレースになっています。

 

2012年のスプリングSは、東京スポーツ杯2歳Sの勝ち馬で、3戦連続連対中のディープブリランテ、朝日杯FSの勝ち馬で3戦全勝のアルフレード、札幌2歳Sの勝ち馬で、4戦連続で3着以内に入っているグランデッツァ、朝日杯FS、京成杯と連続2着のマイネルロブストなど、今後が楽しみな馬が多く出走していて、その中から抜け出す馬は、どの馬かということが見どころでした。勝ったのはグランデッツァで、2着に1馬身1/4差をつけての快勝でしたが、皐月賞・ダービーと勝てませんでした。一方で2着のディープブリランテは、皐月賞3着でダービーを制しています。

 

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら