競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > クイーンステークス(GIII)

クイーンステークス(GIII)

クイーンSは、1953年に4歳(現3歳)牝馬限定の別定戦の重賞競争として、現在と同じ「クイーンステークス」というレース名で創設されました。創設当初は、東京競馬場の芝2000mで行われていましたが、1964年に中山競馬場の芝2000mに変更され、1974年には東京競馬場の芝2000mに戻されました。しかし、1980年には再度、中山競馬場の芝2000mに変更され、1984年にG3に格付けされました。さらに1991年には定量戦に変更され、上位3着までの馬に、エリザベス女王杯への優先出走権が付与されるようになりました。1996年には芝1800mに変更され、エリザベス女王杯のトライアルレースから、秋華賞のトライアルレースに変更されました。まだ変更は続き、2000年に札幌競馬場に移設され、出走条件も4歳(現3歳)以上の牝馬に変更され、それに伴って秋華賞トライアルレースから外され、別定戦に戻され、現在に至っています。出走資格は、1991年に外国産馬に、1995年に地方馬に、2009年には外国馬に開放されています。

このクイーンSは、1976年から1999年まで、エリザベス女王杯、秋華賞といった、同時の秋の4歳(現3歳)牝馬G1の前哨戦や、トライアルレースとして数々のG1馬を輩出してきましたが、札幌競馬場に移設し、3歳以上牝馬戦になってからは、3歳馬は秋華賞を、4歳以上は天皇賞(秋)やエリザベス女王杯への、起点のレースとして位置付けられています。1976年から1999年までの間で、クイーンSを勝ち、エリザベス女王杯を勝った馬は、1982年のビクトリアクラウン、1994年のヒシアマゾン、1995年のサクラキャンドルがいて、2000年以降の勝ち馬で、同年のG1を勝った馬はまだいませんが、2005年にクイーンSで2着になったヘヴンリーロマンスは、同年の天皇賞(秋)を勝っていて、2003年・2004年と連覇したオースミハルカは、2004年のエリザベス女王杯で2着になっています。

2012年のクイーンSは、阪神JF2着、桜花賞3着、オークス4着で3歳のアイムユアーズ、福島牝馬Sの勝ち馬で4歳馬のオールザットジャズ、前年のエリザベス女王杯で5着の5歳馬レインボーダリア、フローラSを勝ち、オークスで1番人気になりながら、13着に沈んだ3歳馬ミッドサマーフェアの4頭に人気が分かれ、有力な3歳馬が勝つのか、古馬が経験の差を見せるのかが見どころでした。結果は、3歳馬のアイムユアーズが勝ち、秋華賞に向けて期待が持てる内容となりました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら