競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > クイーンカップ(GIII)

クイーンカップ(GIII)

クイーンCは、1966年に牝馬クラシックへの登竜門として、4歳(現3歳)限定の別定戦の重賞競争で、現在と同じ「クイーンカップ」として創設されました。創設当初は、中山競馬場の芝1800mで行われていましたが、1969年に東京競馬場に移設されました。しかし、積雪の影響でダート1200mで行われ、さらに翌年の1970年も、積雪の影響でダート1400mで行われました。1971年には中山競馬場に戻され、芝1600mに変更になりました。その後1981年に、現在と同じ東京競馬場の芝1600mで行われるようになりました。出走資格は、1994年に外国産馬に開放され、1996年には地方馬に、2009年には外国馬にも開放されました。

クイーンCは、桜花賞やオークスと続く、牝馬クラシック路線のステップレースとして、使用されることが多く、クイーンCから桜花賞のトライアルレースを経由して、桜花賞を目指す競走馬や、クイーンCから直接桜花賞を目指す競走馬が出走する傾向にあります。ただし、すでに十分な賞金を獲得している馬や有力馬は、直接トライアルレースに向かうことも多いので、クイーンCを勝って、桜花賞を勝った競走馬はいません。ただし、このレースの勝ち馬には、オークスを制したウメノファイバーやダイワエルシエーロがいますし、サンエイサンキュー、チューニー、コイウタ、アプリコットフィズ、ホエールキャプチャのように、牝馬クラシックの3つのレースで、3着以内に好走した競走馬も多いことから、牝馬クラシックを予想する上で、非常に重要なレースと言えます。また、牝馬クラシック以外で見てみると、タカラスチール、ヒシアマゾン、コイウタ、リトルアマポーラ、ホエールキャプチャはG1勝っており、優秀な牝馬を出しているレースでもあります。

2012年のクイーンCは、阪神JF4着のイチオクノホシ、3戦2勝で上がってきたヴィルシーナ、フェアリーSで1番人気ながら4着になってしまったオメガハートランドの3頭に、人気が集まり、桜花賞に向けて、3頭のうちどれかが抜け出すのか、新星が現れるのかが見所でしたが、結果としては、ヴィルシーナが勝ち、イチオクノホシが2着と順当に終わりました。勝ったウィルシーナは、その後、桜花賞、オークスと連続で2着に入っており、今後の活躍が期待できる牝馬と言えるでしょう。このように、現在のクイーンCは、有力馬があまり出走しないと言っても、その後の牝馬クラシックで好走することも多いので、一皮向ける競走馬が出てくるかどうかも、見どころのひとつとなっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら