競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > オールカマー(GII)

オールカマー(GII)

オールカマーは、1955年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ戦の重賞レースとして創設されました。創設当初は、中山競馬場の芝2000mで行われていて、1970年には東京競馬場の芝2000mに変更されました。さらに1974年には、中山競馬場の芝2000mに戻りました。その後、1981年には別定戦になり、1984年には現在と同じ芝2200mに変更されました。1986年から1994年まで、オールカマーは地方交流競争となり、負担重量も馬齢に変更されましたが、1995年にG2に格上げになると同時に、別定戦に戻っています。出走資格は、1978年に外国産馬に開放され、1995年には外国馬にも開放されています。

オールカマーは、天皇賞(秋)へのステップレースとして使用されることが多くなっています。しかし、このオールカマーを勝って、天皇賞(秋)を勝った競走馬はいません。ただし、天皇賞(秋)以外のG1を見てみると、1989年の勝ち馬であるオグリキャップは、同年のマイルチャンピオンシップを勝っていて、1996年の勝ち馬であるサクラローレルは同年の有馬記念を、1997年の勝ち馬であるメジロドーベルは同年の秋華賞を、2007年の勝ち馬であるマツリダゴッホは、同年の有馬記念を勝っています。また、天皇賞(秋)を勝ってはいないものの、3着以内に来ている馬は多くいます。さらに、オールカマーで好走した馬で見ると、同年の天皇賞(秋)を勝った馬は、1956年に4着になったミツドフアーム、1957年に2着になったハクチカラ、1961年に3着になったタカマガハラ、1963年に3着になったリユウフオーレル、1970年に3着になったメジロアサマ、1981年に5着になったホウヨウボーイ、1982年に5着になったメジロティターンとなっていて、それ以降は出ていません。

2011年のオールカマーでは、前走の宝塚記念で1番人気ながら6着に沈んだアーネストリーが、単勝1.4倍の圧倒的人気に答えて快勝しました。2012年は、宝塚記念に出走した中から、勝ったオルフェーヴルや、2着のルーラーシップも含めて、何頭が出走してくるのか、また、夏の間に力を付けて、秋以降のG1を狙う馬がどれだけ出走しているのかという点と、その出走した馬達が、どのようなレースを見せてくれるのか、快勝して秋以降のG1戦線に名乗りを上げるのかが、大きな見どころになるでしょう。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら