競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > オーシャンステークス(GIII)

オーシャンステークス(GIII)

オーシャンSは、1996年に4歳(現3歳)以上の別定戦のオープン競争として、「オーシャンステークス」のレース名で創設されました。創設当初は、中山競馬場の芝1800mで行われていましたが、翌年の1997年に、5歳(現4歳)以上のハンデキャップ戦に変更され、芝1200mに変更されました。1999年には、1600万下競争に格下げになったものの、2000年にオープン競争に戻され、別定戦に戻されました。2006年には、G3に格上げとなり、産業経済新聞社が賞の寄贈をするようになり、レース名が「夕刊フジ賞オーシャンステークス」に変更され、現在に至っています。出走資格は、1997年に地方馬に、2006年には外国馬に開放されています。レース名は、「オーシャンS」と略されています。

このオーシャンSは、1997年以降、3月初旬に行われる芝1200mで行われるレースになったことから、関西圏の阪急杯と同様に、高松宮記念の前哨戦として、使用されるようになっています。実際にオーシャンSを勝って、同年の高松宮記念を勝った馬も、2002年のショウナンカンプ、2010年のキンシャサノキセキがいて、キンシャサノキセキは、翌年のオーシャンSでは2着だったものの、同年の高松宮記念を勝ち、連覇を達成しています。また、2012年のオーシャンSで、1番人気に推されながら4着に終わったカレンチャンも、同年の高松宮記念を勝っています。

2012年のオーシャンSは、前年のスプリンターズSを勝っているカレンチャン、前年のJBCスプリント競争3着から、年明け最初のレースとなるダッシャーゴーゴーの2頭に人気が集まり、ちょっと離れた3番人気に、2009年のNHKマイルCを勝っているジョーカプチーノ、3番人気とほとんど差がない4番人気に、前走のシルクロードSで2着のエーシンダックマンとなっていて、この4頭に他の馬が先着できるのかどうかが見どころでした。ところが結果は、9番人気のワンカラットが勝ち、2着には5番人気のグランプリエンゼル、さらに3着には14番人気のベイリングボーイ、1番人気のカレンチャンは4着となりました。これによって、三連複が38万馬券、三連単が266万馬券と、大荒れになりました。しかし、カレンチャンは、その後の高松宮記念を勝っていて、オーシャンSを高松宮記念の前哨戦として使用することは、非常に良い流れであることを証明してくれました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら