競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > オークス・優駿牝馬(GI)

オークス・優駿牝馬(GI)

オークスは、1938年に4歳(現3歳)牝馬限定の定量戦の重賞競争として、「阪神優駿牝馬」のレース名で創設されました。創設当初は、鳴尾競馬場の土2700mで行われていましたが、1940年には芝2450mに変更され、1943年には2400mに変更されました。さらに1946年に東京競馬場に移設され、レース名も現在と同じ「優駿牝馬」に変更されました。その後、1965年に「オークス」という副称がつき、1984年にG1に格付けされ、現在に至っています。出走資格は、1995年に地方馬に、2003年に外国産馬に、2010年には外国馬にも開放されています。

このオークスは、桜花賞、秋華賞と合わせて、牝馬三冠競争と呼ばれていますが、エリザベス女王杯を含めて、牝馬四冠競争と呼ばれることもあり、桜花賞が「桜の女王決定戦」と呼ばれるのに対し、オークスは「樫の女王決定戦」と呼ばれています。オークスは芝2400mで争われますが、牝馬では2400mの経験があることが少なく、オークスで初めて走る馬も多いので、予想しにくいレースでもあります。競走馬にとっては、一般的に牝馬にとって2400mは過酷な距離と言われることもあり、実際にオークスの優勝馬が、疲労が取れず、その後、惨敗続きになることもあります。その一方で、オークスを勝った後に、飛躍する馬も少なくありません。具体的にオークスを勝った後に、古馬になってG1を勝った馬としては、1995年の勝ち馬ダンスパートナーが翌年のエリザベス女王杯を、1996年の勝ち馬エアグルーヴは翌年の天皇賞(秋)を勝っていて、1997年の勝ち馬メジロドーベルは、1998年、1999年とエリザベス女王杯を連覇しています。

2012年のオークスは、桜花賞を勝ったジェンティルドンナが、牝馬三冠への挑戦権を得られるのかどうかが見どころだったのですが、1番人気は前走のフローラSを勝ったミッドサマーフェアで、2番人気は桜花賞2着馬のヴィルシーナとなり、ジェンティルドンナは3番人気でした。この人気に奮起したのか、結果は、1番人気のミッドサマーフェが13着に沈み、ジェンティルドンナが、2着のヴィルシーナに5馬身差をつけての圧勝で、2冠を達成しました。これでジェンティルドンナは、牝馬三冠への挑戦権を得ましたので、今後に注目です。このようにオークスでは、例え桜花賞馬であっても、距離適正や騎手によって、1番人気にならないこともあり、そのような馬の実力を見極める点も、見どころのひとつとなっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら