競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > エプソムカップ(GIII)

エプソムカップ(GIII)

エプソムCは、1983年にダービーが50回を迎えたことを機に、東京競馬場とイギリスのエプソム競馬場が姉妹競馬場の提携を結び、1984年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ戦の重賞競争として、創設されました。創設当初から、現在と同じく東京競馬場の芝1800mで行われています。ただし、1996年にはハンデキャップ戦から別定戦に変更されています。出走資格は1993年に外国産馬に、2005年には外国馬に開放されています。また、創設当初から現在までエプソム競馬場では、「東京トロフィー競争」が行われていて、東京競馬場とエプソム競馬場の親善だけではなく、JRAと英国ジョッキークラブの親善が図られています。

このエプソムCは、1995年まで安田記念が5月開催だったこともあり、安田記念に出走した馬が、夏の放牧前に出走することも多かったのですが、1996年に安田記念が6月開催に変更されてからは、新潟大賞典の出走馬や安田記念を除外された馬、条件戦で優勝した馬が出走する傾向が強くなっています。一方で、芝1800mという距離から、宝塚記念や天皇賞(秋)を目指してエプソムCに出走する馬もいて、出走馬のレベルの差が大きくなることもあります。創設当初から現在まで、エプソムCを勝って、宝塚記念を勝った馬はいませんが、1991年の勝ち馬プレクラスニーは同年の天皇賞(秋)を勝っています。また、1990年の勝ち馬サマンサトウショウは、同年のマイルチャンピオンシップで3着、1996年の勝ち馬マーベラスサンデーは、同年の有馬記念で2着、2011年の勝ち馬ダークシャドウは、同年の天皇賞(秋)で2着と、エプソムCの勝ち馬が秋のG1で好走することもあります。

2012年のエプソムCは、出走した全レースで5番人気以内ながら、重賞を勝ち切れないトーセンレーヴ、2012年に入ってから、京都金杯・マイラーズCと、重賞で2着2回のダノンシャーク、前年の鳴尾記念の勝ち馬レッドデイヴィス、ニュージーランドTで2着、NHKマイルCで5着と好走が続くセイクレットレーヴの勝負が見どころでした。結果は1番人気のトーセンレーヴが、2番人気のダノンシャークにクビ差で勝ち、重賞初勝利となりました。これをきっかけに今後の重賞でも、勝利が増えていくかもしれません。このような中々重賞で勝ち切れない馬が、エプソムCで勝ったことをきっかけに、勝ちが増えていくこともあるので、その点も見どころのひとつと言えるでしょう。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら