競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > アメリカJCC(GII)

アメリカJCC(GII)

アメリカJCCは、正式名称をアメリカジョッキーズクラブカップといい、新聞などではAJCCやAJC杯などと略される時もあります。日本とアメリカの友好の一環として、ニューヨークジョッキークラブから優勝杯を贈呈されたことで、1960年に中山競馬場の芝2000mのハンデキャップ戦として創設されました。第1回のみ、1月5日に行われましたが、翌年には、それまで1月中旬に行われていた金杯と、日程を入れ替えられ、負担重量も別定に、距離も芝2600mに変更されました。さらに1967年には芝2500mに変更され、1970年には東京競馬場に移され、1972年に芝2400mに変更され、1980年には中山競馬場に戻された上、距離も芝2500mに戻されました。1984年には、中山競馬場で芝2200mと現在の内容になっています。出走資格は1972年に外国産馬に開放、2006年に外国馬に開放されています。

このアメリカJCCは、春の中・長距離路線を見据えた競走馬にとって、非常に重要なレースとなっていて、アメリカJCCの優勝馬には、ミホシンザンやメジロブライト、スペシャルウィークのように、その年の天皇賞(春)を勝っていたり、ルーラーシップのようにクイーンエリザベス2世カップを勝ったりしています。さらに春だけに限らず、サクラチトセオーやトーセンジョーダンのように、アメリカJCCを勝った年に天皇賞(秋)を勝っていたり、マツリダゴッホのように有馬記念を勝ったりもしています。また、すでにG1を勝っている馬も、春のG1を狙ったステップレースとして使用する為、出走するメンバーも豪華になることが多く、中・長距離レースの前哨戦として見る人もいます。

2012年のアメリカJCCでは、若い頃から期待されながらも、ダービー5着、有馬記念6着、宝塚記念5着、有馬記念4着と、好走はするものの、連対はできないルーラーシップに人気が集中し、単勝1.4倍になりました。そのルーラーシップが、どのようなレース展開で、どのような勝ち方をみせてくれるのかが、見どころのひとつでしたが、結果は2着に3馬身差の完勝で、その後、クイーンエリザベス2世カップを勝ち、宝塚記念では2着に入っています。このようにアメリカJCCは、今一歩G1に届かない競走馬が、アメリカJCCをきっかけに勝つようになることもあり、今後の中・長距離路線を予想する上で、見逃せない、見どころのあるレースと言えるでしょう。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら