競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > きさらぎ賞(GIII)

きさらぎ賞(GIII)

きさらぎ賞は、1961年にクラシック競争への登竜門として、4歳(現3歳)限定の定量での重賞競争で、現在と同じ「きさらぎ賞」というレース名で創設されました。創設当初は、中京競馬場のダート1200mだったのですが、1965年にダート1700mに変更され、1970年に中京競馬場の芝コースが新設されたことから、翌年の1971年に芝1800mに変更されました。さらに1987年には、中京競馬場から京都競馬場に移設され、別定戦の芝2000mに変更されましたが、1991年に芝1800mに戻され、現在に至っています。出走資格は、1972年に外国産馬に開放され、1996年には地方馬に、2009年からは外国馬にも開放されました。

このきさらぎ賞は、名前の通り2月に行われる為、3歳馬でクラシックを目指す競走馬の、年明け初戦に選ばれることも多く、きさらぎ賞で賞金の加算を考えている競走馬や、弥生賞などトライアルレースの、ステップレースとして使用されることが多くなっています。このきさらぎ賞は、クラシックの登竜門と言われるだけあって、きさらぎ賞を勝って、その後クラシックで好走した馬も多く存在します。例としては、1990年の勝ち馬ハクタイセイは皐月賞を勝ち、1996年の勝ち馬ロイヤルタッチは、皐月賞2着、菊花賞2着、1998年の勝ち馬スペシャルウィークは、皐月賞3着、ダービー1着、菊花賞2着、1999年の勝ち馬ナリタトップロードは、皐月賞3着、ダービー2着、菊花賞1着、2003年の勝ち馬ネオユニヴァースは、皐月賞1着、ダービー1着、菊花賞3着、2006年の勝ち馬ドリームパスポートは、皐月賞2着、ダービー3着、菊花賞2着、2007年の勝ち馬アサクサキングスは、ダービー2着、菊花賞1着、2009年の勝ち馬リーチザクラウンは、ダービー2着、2011年の勝ち馬トーセンラーは、菊花賞で3着になっています。

2012年のきさらぎ賞は、ディープインパクトを父親に持ち、2戦1勝で上ってきたワールドエースに対し、同じくディープインパクトを父親に持ち、鋭い末脚で勝ち上がってきたベールドインパクト、こちらもディープインパクトを父親に持ち、3戦連続で2番人気以上にも関わらず1勝で苦しんでいるヒストリカル、新潟2歳Sで2着に入ったジャスタウェイの3頭が、どのように戦うのかが見どころだったのですが、結果はワールドエースが1馬身1/2差をつけての完勝でした。そのワールドエースは、皐月賞でも2着になっていて、あらためて、きさらぎ賞がクラシックに繋がることを、認識させてくれる結果となりました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら